兄弟漬け

兄弟漬けとは

イカ釣り漁師の下に生まれ、幼い頃から船に乗せられ旅をしてきた兄弟。旅をすると共に、真イカ漁に魅せられ行き着いた答えが漁師のみが船上で作ることが許される船上漬け。
兄弟二人が旅の中で作り上げたもの。それが「兄弟漬け」です。

イカ釣り漁師仕込み

春夏秋冬。イカを追い求め日本の海を旅するイカ釣り漁師。
イカを知り尽くす漁師の勘を頼りに、その海で獲れた真イカをその場で仕込みます。旨味を凝縮させる為、醤油だけを入れた樽でスミを吐かせ、醤油を吸い込ませて漬け込んだ、漁師がつくる船上漬けです。

漬け込んだ真イカを一杯ずつ丁寧に手切りし、身と肝を別けて真空パックにしました。
豊かな風味と濃厚な味わいは、熱々のご飯に乗せて頂くのはもちろん、酒の肴としても贅沢な一品です。また、さまざまな料理の具材としても新たな発見がありますので、是非お試しください。

​イカ釣り漁と加工の様子

兄弟漬けを使った調理例

兄弟漬け <元祖>

昔ながらの製法で、特製醤油とイカスミだけで丁寧に漬けました。真イカ本来の旨味を凝縮した逸品です。

兄弟漬け <鮭節醤油 >

鮭節と羅臼昆布の出汁が利いた鮭節醤油に漬け込みました。 鮭の風味とまろやかな甘みが特長の逸品です。

兄弟漬け <ゆず胡椒>

ほんのり甘い鮭節醤油の兄弟漬けに大分県産の ピリっと辛いゆず胡椒を和えた相性抜群の逸品です。

営業時間:9:00~18:00(飲食は10:00〜)
月曜定休(定休日以外の祝日も営業いたします)

※沖漬け加工の為、営業時間を変更する場合がございます。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

© 2016-2019 Okizuke Marutai